経営事項審査情報 

HOME > 経営事項審査情報

経審電卓2015 Web版

Web版 経審自己診断

2016年度制度改正に対応した、経営事項審査(経審)の評定値を自己診断できます。

※現在公表されている結果にて順位表示されます。

経審電卓2015 Web版

経審電卓2010 START

2016年6月1日に建設業の許可に係る業種区分として、新たに「解体工事業」が設けられましたが、計算式に変更はありません。「解体工事業」の計算を行う際には、業種を「とび・土工・コンクリート」に選択してください。

詳しくは、画面下部の「審査項目について」を参照ください。
※「解体工事業」の順位は情報が公表され次第、掲載します。

※ご利用上の注意
  • 経審電卓2015 Web版は、平成26年10月31日に国土交通省から公布された省令・告示などをもとに評点を計算していますが、実際の「経営状況分析結果報告書」や「経営規模等評価結果通 知書/総合評定値通知書」と計算結果が異なる可能性がありますので、予めご了承ください。
  • 入力したデータは修正しながら、繰り返し評点計算ができますが、保存はできません。 入力データや評点の計算結果の記録が必要な場合は、プリンタで印刷して下さい。
  • 「経審結果通知書」、「経営状況分析結果報告書」、「財務諸表(決算書)」などを入力の参考にご利用ください。
  • 金額欄の入力は、千円単位です。千円未満の金額は切り捨てです。
  • TABキーで次の項目に移動します。
免責事項
  • 本サイトの閲覧、ご利用はお客様の自己責任で行って下さいますよう、お願い申し上げます。
  • 本サイトの利用の過程及び利用の結果において生じたいかなる種類の損害についても、 弊社は一切の責任を負わないものとします。
  • 本サイトが障害、不具合、その他の問題なく利用できることは保証されません。 また、問題が発生した場合に、これらの問題の除去や修復などを行うことも保証されません。

審査項目について

経審情報

2016年度経審制度改正に対応した評定値の算出方法についてご説明します。

※ 2015年度制度改正からの変更はありません。

「2016年度経審制度改正について」

2016年6月1日に建設業の許可に係る業種区分として新たに「解体工事業」が設けられたことにより、経営事項審査についても 「解体工事業」の業種区分が新たに設けられました。
また、改正法の経過措置に合わせて経営事項審査でも、2016年6月1日から2019年5月31日までの3年間、経過措置が設けられます。
経過措置期間中に限り、改正法施行以前の許可区分による、とび・土工工事業として「とび・土工・コンクリート・解体(経過措置)」の総合評定値も算出されます。

コラム

経審にまつわるコラムを掲載しています。

2008年「経審改正」の衝撃

お問い合わせについて

お問合せの際は、以下の点についてご了承ください。

  • 電話でのご質問は、お受け致しかねます。
  • WindowsなどOSやブラウザの操作方法に関するご質問には回答致しかねます。